川原製茶のお茶(伊勢茶)は火入れにこだわった深蒸し製法で、甘みと渋みを併せ持つ香り高いコクのあるお茶です。

川原製茶自社茶園

川原製茶 茶畑
清流に囲まれた豊かな自然のもとで自社茶園を運営し、日々、契約農家への指導や肥培管理の研究に励んでいます。

所在地 三重県多気郡勢和村地内
面 積 約5ha

川原製茶 茶畑



川原製茶 茶摘み風景

茶摘み

茶葉の収穫は年4〜5回行うのが一般的ですが、川原製茶の伊勢茶は一番茶・二番茶の年2回のみの摘採りのため、葉肉の厚い、濃い品質のお茶がとれます。

(写真:品評会へ出品するお茶の手摘み風景です。)
川原製茶 堆肥場

堆肥

川原製茶では茶園の土造りにもこだわりを持ち、2500坪の川原製茶所有地にて茶作りに適した堆肥を常時山積みし、自社茶園や契約農家茶園に敷きつめております。


川原製茶生産農家グループ

勢和村、飯南町、飯高町、大台町、度会町 等の荒茶製造農家(40戸以上)。

総面積 約180ha