川原製茶のお茶(伊勢茶)は火入れにこだわった深蒸し製法で、甘みと渋みを併せ持つ香り高いコクのあるお茶です。

伊勢茶とは?
 大台ケ原の源、伊勢神宮で知られる名水[宮川]と[櫛田川]流域のきれいな水と日夜の温度格差の高いお茶造りに適した環境の中から、さらに厳選された農家にて環境に優しい有機肥料中心に生産した[伊勢茶]。1番茶、2番茶のみの摘採りのため 葉肉が厚く、香りが濃厚、味に優れて2煎3煎でも濃いお茶を美味しくお飲みいただける といった特徴を持つお茶です。
 品質管理についても生産履歴(栽培・製茶・加工記録)の記帳を義務付けられており、農家の顔が見える、茶葉の育った畑がわかる、安心で安全なお茶です。

 また伊勢茶は「三重ブランド(平成15年度認定)」に認定され、(株)川原製茶が認定事業者に選ばれました。


煎茶・深蒸し茶

深蒸し茶
【深蒸し茶】
一般的な製法より長く蒸したものです。香りが濃厚で、二煎三煎濃く飲めます。
適正湯温/70度(上茶)〜90度(並茶)

煎茶
【煎茶】
旨みと渋みが調和したさわやかな味です。
適正湯温/70度(上茶)〜90度(並茶)

かりがね茶
【かりがね茶】
玉露や煎茶、抹茶などを加工する過程で除かれた茎だけを集めたものです。他よりも甘みが強く、まろやかな味です。
適正湯温/70度(上茶)〜90度(並茶)



番茶
【番茶】
夏・秋に摘んだ大きく固めの葉を原料としたお茶で、カテキンを多く含んでいます。
適正湯温/熱湯

粉茶
【粉茶】
煎茶などを細かく砕いたもので、食べるお茶として、料理などに使えます。
適正湯温/70度(上茶)〜90度(並茶)



ほうじ茶・玄米茶

ほうじ茶
【ほうじ茶】
番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りをだしたものです。食後に好まれます。カフェインが少ないので、寝る前や小さいお子様に最適です。
適正湯温/熱湯

玄米茶
【玄米茶】
番茶などに玄米を混ぜたもので、玄米の焦げ香と茶の味が調和した軽い風味があります。
適正湯温/熱湯